海外旅行保険の比較ランキング

このサイトでは、海外旅行保険を比較して、ランキングにしています。

海外旅行の際には、しっかりと海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。

渡航中、28人に1人の割合で何らかの事故にあい、保険金を請求しています。これは保険に加入した方だけですから、実際の事故比率はもっと多いはずです。

充実した補償がついている海外旅行保険に入っておけば、万一のときに金銭的にも精神的にも心強い存在となるでしょう。

  • 傷害死亡 1,000万円以上
  • 後遺障害 1,000万円以上以上
  • 治療救援費用 1,000万円以上
  • 疾病死亡 500万円以上
  • 賠償責任 1億円以上

上記の条件を満たしている海外旅行保険の中から、保険料、信頼性、保険の充実度などを比較し、わかりやすくランキングをつけました。ぜひ、参考にしてください。

【1位】
三井住友海上(ネットde保険@とらべる)
公式サイトを見る>>
保険料 信頼性 保険の充実度 その他
携行品損害 航空機寄託手荷物遅延 弁護士費用等補償特約 緊急歯科治療費用補償 テロ等対応費用補償
とても安い とても安心 ○ ○ ○ △ ○ ●リピーター割引もあり
●準備から万一の時まで便利なスマホアプリあり
1,580円~ ●大手3大損保会社
●価格.com保険アワード1位
30万円 10万円 100万円  あり  10万円
【2位】
損保ジャパン
公式サイトを見る>>
保険料 信頼性 保険の充実度 その他
携行品損害 航空機寄託手荷物遅延 弁護士費用等補償特約 緊急歯科治療費用補償 テロ等対応費用補償
安い とても安心 ○ ○ ●クレジットカードにプラスして補償を追加できるオーダーメイドプランあり
1,960円~ ●大手3大損保会社
●アンケートで「また利用したい」率91%
30万円 10万円 なし なし なし
【3位】
ジェイアイ損害保険
公式サイトを見る>>
保険料 信頼性 保険の充実度 その他
携行品損害 航空機寄託手荷物遅延 弁護士費用等補償特約 緊急歯科治療費用補償 テロ等対応費用補償
とても安い 安心 ○ △ ● 店頭契約はホテル予約やチケット手配などのトラベルサポートあり
1,500円~ ●JTBとAIGの合弁会社 30万円 1万円 なし なし なし
【4位】
東京海上日動
公式サイトを見る>>
保険料 信頼性 保険の充実度 その他
携行品損害 航空機寄託手荷物遅延 弁護士費用等補償特約 緊急歯科治療費用補償 テロ等対応費用補償
普通 安心 △ ●治療費用・救護費用の無制限を選べるタイプもあり
●既往症の悪化も補償あり
3,130円 ●大手3大損保会社 10万円 なし なし なし なし
【5位】
AIU保険
公式サイトを見る>>
保険料 信頼性 保険の充実度 その他
携行品損害 航空機寄託手荷物遅延 弁護士費用等補償特約 緊急歯科治療費用補償 テロ等対応費用補償
普通 普通 ○ ○ ●治療費用・救援費用の無制限も選べる
●既往症悪化も補償あり
3,570円~ ●AIG傘下の保険会社 20万円 なし なし 10万円  なし

※掲載しているデータ等は2014年5月現在の情報です。
※保険料などは、公式サイトで最新の情報をご確認ください。

格安の保険料で充実の補償!三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」

比較の結果は格安保険料で充実の補償の三井住友海上

保険料例やその補償内容、申し込みやすさ、万が一のサポート体制などを比較した結果、第1位は、三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」となりました。

三井住友海上は、損保ジャパン・東京海上と並ぶ、損保3大大手と言われています。

万が一の際の、補償やサポートは、やはり大手保険会社のほうが実績や体制が厚く、保険金の支払いにも安心感があります

また、この3大会社の中でも、三井住友海上はいち早くインターネットを活用し、ネットでの信頼も厚いようです。その証拠に、大手比較サイトである 「価格.com」の年間で最も販売数が多かった保険に贈られる保険アワード2013の海外旅行保険部門では第1位に輝いています。

格安の保険料と充実の補償内容

サポートの比較:キャッシュレス病院にも対応

三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」では、保険料が格安です。

基本的な補償内容は、下記のように充分な補償額を備えています。

傷害死亡 1,000万円/後遺障害 1,000万円/治療救援費用 1,000万円/疾病死亡 1,000万円/賠償責任 1億円

国内とは異なり、海外では、多額の損害賠償を請求されるケースがあり、1億円までの賠償責任がついているのは、安心できますね。

さらに、カメラやPC・装飾品など身の回りの所持品が破損や盗難にあった際の補償である携行品損害が、30万円と他の損保と比較して高めになっています。

基本の補償では対応できない範囲でも、航空機寄託手荷物遅延・弁護士費用等補償特約・緊急歯科治療費用補償特約・テロ等対応費用補償特約などの特約で幅広くカバーします。

病気や怪我、盗難や損害賠償、その他の補償まで、充分な補償額を備えているのに、保険料の安い理由は、ネット保険が整備されているから。同じ三井住友海上の保険でも、「ネットde保険@とらべる」で申し込むと、書面で申し込みをするより、どのタイプの保険料も約半額程度の保険料となっています。

しかも、過去2年以内に、「ネットde保険@とらべる」で保険に加入した経歴がある場合には、「リピーター割引」として、さらに5%保険料が安くなるサービスもあります。

頻繁に海外旅行に行く方には耳寄りな話ですね。

もちろん、万一の場合にも、24時間年中無休で通じる日本語での電話サービスがあり、怪我や病気の際にも治療費の現地支払いなどが不要になる、いわゆる“キャッシュレス病院”もあり、安心できますね。

出発前から便利なスマホアプリ

買い物の比較検討でも使える便利な「海外旅行ナビ」

保険加入者が無料でダウンロードできるスマホのアプリ「海外旅行ナビ」は大変便利です。

事故や病気、盗難などが発生した場合に、契約者専用ページで、連絡先の情報や、病院の情報、保険請求方法などを即座に確認することができます。

また、旅行前に使える便利な準備リストが使えたり、写真やコメントを載せられる旅行日記も作成できます。お土産・買い物メモでは、買う数や金額を管理でき、通貨換算用の計算もできるので、資金管理に便利です。

旅行中もスマホを持ち歩く人が多いと思うので、これらの機能がスマホで使えるのは便利ですね。

このように、三井住友海上の「ネットde保険@とらべる」は、充実の補償内容と格安の保険料のほか、サポート体制や便利機能など、使えるサービスも多く、口コミで評判の広がっている海外旅行保険です。

三井住友海上(ネットde保険@とらべる)の海外旅行保険に加入する

http://travelhoken.com/