HOME » 加入しておくと安心!海外旅行保険の補償内容 » 病気・怪我

病気・怪我

海外旅行保険が必要かで悩んでいる人のために、病気や怪我をした場合に補償される内容、実際に支払われたケース例、万が一の場合の保険の請求方法について解説します。

海外旅行保険は必要なの?万が一の病気や怪我に備える

最近、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードが増えています。

そういったクレジットカードを持っている人は、「カードについている海外旅行保険で十分」と考えている方も多いのではないでしょうか。また、「2、3日の旅行だから大丈夫」と思っている人も多いことでしょう。

しかし、事故や病気などのトラブルは、1日の旅行でも起きるのです。

自動車保険や生命保険と同じように、起こった後に後悔しないよう、海外旅行保険は万一の場合に備えて入っておくことをお勧めします。カードの保険を当てにしている人も、補償内容を今一度確認してください。本当にそれで大丈夫でしょうか?

病気や怪我をすると、膨大な料金になることも

海外で突然病気になったり、怪我をして病院に行くことになると、日本国内とは雰囲気もシステムも違うことを痛感します。

例えば、日本では無料の救急車ですが、国によっては救急車が有料の場合もあります。また、海外の医療費は日本よりも数倍することもあり、日本では、10万円程度の手術でも、アメリカでは200万円かかることもあるようです。

さらに病気や怪我の状態により、医師や看護師の付添いの帰国となったり、チャーター機などを利用する必要がある場合も…。

海外旅行保険の病気や怪我の補償内容では、これらの内容が契約した上限費用まで補償されます。

病気や怪我の状態にもよりますが、万が一に備えるには、十分な額を補償した保険に入りましょう。

日本語でのサポートも魅力

海外旅行保険を扱う大手保険会社では、世界各地にヘルプデスクなどを設け、万が一の際に、相談や紹介・手配をしてくれます。

病院のシステムの違いや言葉の壁などを考えると、日本語で相談できるのは、とても心強いですね。

基本的に海外でかかった医療費は、本人が立て替え払いをし、帰国後にかかった金額を請求することになります。

しかし、なかには保険会社から「キャッシュレス病院」を紹介してもらえることもあり、そういった病院であれば、その場で医療費を支払う必要がなく、保険会社が直接支払ってくれます。

海外旅行中の病気や怪我のケース例

実際に、海外旅行中に病気や怪我のトラブルが発生し、海外旅行保険が支払われたケースの例をいくつか挙げていきます。

どのようなトラブルが予想されるのかを確認するとともに、保険金の支払額なども見ていきましょう。

  • アメリカ
    自動車の助手席に乗っていて、事故にあった。腕を骨折し、手術と入院をした。現地で手術と入院に約200万円かかり、帰国後も治療することとなったが、保険の範囲内で収まった。
  • ハワイ
    海でおぼれて意識を失い、集中治療室に入った。1ヶ月程度入院したが治らず、プライベート機で帰国した。かけていた保険は下りたが、まったく足りず、3,000万円程度の出費となった。
  • フランス
    スキーで転倒し骨折、手術をした。かけていた保険では治療費が足りず、1,000万円近く支払った。
  • アジア
    路線バスに搭乗中、事故にあった。山奥だったため、都市部の病院に転院して手術をした。治療費と搬送費に600万円以上かかったが、保険内でまかなえた。
 

このように、海外で海や山のレジャーに行く際には、どのような事故があるかわからず、治療費が非常に高くなるので、十分な補償額の付いた海外旅行保険に入ることをお勧めします。

また、現地ではバスや自動車などで移動することがほとんどで、自分が運転していなくても事故に巻き込まれるケースもあります。

病気や怪我になったら

内容や保険会社により違うこともありますが、一般的に、病気や怪我などのトラブルが起きてから保険金が支払われるまでの流れを紹介します。

  1. 加入している保険の最寄りのサポートデスクに連絡
  2. サポートデスクでは、病院や搬送の手配
    必要に応じて、通訳の手配や家族の渡航手続きのサポートなど
  3. 現地でかかった治療費などは加入者が支払い
  4. 帰国後、保険金を請求
    (保険金の請求書、医師の診断書、立て替えた費用の領収書などが必要)
  5. 保険会社はそれを確認し、保険金を支払い

海外旅行保険比較ランキング

海外旅行の際には、しっかりと海外旅行保険に加入しておきましょう。

渡航中のトラブルで保険金を請求する割合は、なんと28人に1人。

充実した補償がついている海外旅行保険に入っておけば、万一のときに金銭的にも精神的にも心強いですね。

補償・価格で徹底比較・海外旅行保険ランキングをチェックする>>